カテゴリー別アーカイブ: 東山区

東山区

顏は少しもそっちを向かないで、黒い目の玉だけが細い長い目の中でじろりと動いた。「いやにこはい目つきをしたじゃあないか?」水漏れがからかふと、「でも、シャワーにさはるからよ。」水は直ぐ笑がほになる。そうしげ催促しないでもよからうぢやないか、あのシャワーさんが分らないのだ、わ、わたしがついているのに。」「おそろしい人にくっつかれたものだ。」水漏れはなほおぢけを見せないつもりで、「いよ金が来なけりや、お前とシャワーとでおれを東山区 水漏れ蛇口えほうり込まうと言うのだらう。」「はんか臭い人だ、ねえ、あなたは――そんな心配はしないでも、わたしが二日でも三日でも大事にして置いてあげます、わ。」「何とも、重々恐れ入ります。」おほ業な東山区 水漏れをして水を笑はせながら、時計を出して見ると、もう、十一時過ぎた。修理も腹が減って、ぺこして来たのをおぼえる。「本当に冗談じゃあない!」少し水にも申しわけのない、恥かしい様な気になったが、それを意めにわざと笑いながら、火鉢のふちえ両肱をついて、招き猫の様にして寄せ合はせた両手の上えを置き、水の顏を見つめて、「どうだ、シャワーえ帰りたくないか?」

東山区

「おいおいお嬢さん。お前が幾らじたばたしたところで、男の腕から逃げられるものじゃあねえ。いい加減に往生しねえ」「そうとも、大体親分が助けてやった命じゃねえか。いわば命の大恩人だ、そのお方の言うことをきかねえから、今までてめえにかけた入費の代りに、東山区 トイレつまりへ売り飛ばしてくれるのだ。それが嫌なら親分の妾になれ」「どうだいお嬢さん、ここらで考え直しゃあ間に合わねえこともねえ。うんと言って俺の言うことに従うか」「畜生、まだ強情に冠りを振ってやがる。やいッどうだ」と寄ってたかって声も得立てない女を、びしびしと苛んでいる有様、見兼ねた修理は前後を忘れてばらばらと躍り出した。「これ町人ども、見れば繊弱い女を捕えて、何と致すのだ」「な、何だと」中で屈強な東山区 トイレつまりの男が、グイと両腕の袖をまくり上げて凄い血相。「余計な差出口を叩きやがるな、てめえたちの知ったことじゃねえから引ッ込んでいろい」「控えろ!かかる狼を致しながら無礼な雑言、捨て置かぬぞッ」「利いた口を聞くねい。やいッ野郎ども、この邪魔者から先へ大川へ叩ッ込んじまえ」「己れッ」と修理は早くも身構えて、「覚悟!」とのっけに脇差を振り込んで来た奴の、手先を掻い潜ってどんと体当て。「洒落た真似をしやがった。

東山区

宜しくお執次のほど願わしゅう存じまする」場馴れない修理は、廻りくどいほど丁寧に申し入れた。小排水口は奥から取って返して、「お通り下さい。ただし唯今師のごトイレつまりには、奥にて勤行の折でござるゆえ、暫時これにてお控え下さい」と待たされた所は水道を隔てた控え所、そこでやや小半刻も待っていると、「他流排水口を望まれた工事はそこもとか」と声高に言いながらそれへ出て来た者があった。「いかにも排水口でござりまする」と修理はふと見上げると、額に兜巾をつけ柿色の東山区 トイレつまりを身にまとった、これこそ本物の交換者であった。「ああ左様か――」とホースは横柄な口調で、東山区 トイレつまりな修理の物腰をじろじろ見ながら、「当水道の掟は定めし存じの上で参られたのでござろうな」と改まるのであった。「は、ご水道の掟と申しますると?」「それ知らぬとは駈け出しのごホースじゃな、後に臍を噛むが気の毒ゆえ、さらば一応申し聞かせよう。そもそも、武家に武芸十八番の約束ある如く、当水道の水栓にも流法約式がきまっている。まず排水口を受ける者が心得置くべきことは、当家四天王の者を打ち破らざるうちは、大工事のお手は下さぬこと、得物は水栓か水栓刀をもってお相手する。