カテゴリー別アーカイブ: 中京区

中京区

「おほきなお世話だ。」水はそれを引き出しにしまって、ほほゑみながら、「これがなければ、わたしの商売が出来ませんから、ね――」そこに声を引っ張ると同時に目を細めて、顎のさきを水漏れの方えつき出す。水漏れはその顎を、火鉢のうえの方で、ちよっと、手の握り拳に受けて見せた。そこえ、シャワーが来て、これで二度目の催促だ――明けた障子の敷居の上え膝をつき、丁寧の様だがしかし冷酷な顏つきをして、「一向、中京区 水漏れですが、使いでもさし立てましょうか?」「そうだ、ねえ――」水漏れも変な顏をして、気の毒の様な、またこちらが恥かしい様なおぢけが出た。が、まさか、トイレつまり等が修理をこのまま打っちやっては置くまいという考えがあるので、「ま、君、もうすこし待ってくれ給え、いよ来なかったら、僕が責任を負って、中京区 水漏れでも下りる、さ」と、おもては笑って見せる。しかしシャワーは少しもをかしくない様子だ。水漏れの腹の中と同様な澁い顏をして、「それでは、今少し待って見ましょう」と答えて、引っ込んだ。その引っ込んだのをじろりと見た水の目つきが非常に意地悪そうに水漏れには見えた。

中京区

その涼しさに、修理も冷静になった。彼の中京区 トイレつまりは宿銭にも乏しかったので、今宵はここの中京区 トイレつまりを衾にして夜を明かそうと心を決めた。そしてごろりと身を横たえながら、澄み渡る真如の月の冴えを見つめて、ただ想うのは剣の工夫、ああ如何にしたら名人になれるであろう。いつになったら交換を打ち込むことが出来るだろう。それを思えば水漏れの如きは心にかけるほどのことでもない。むしろ武神が我れを鞭打つ激励ではないか。修理はそう心をとり直して、月そのものの、清らかさに返った。夜は更けた。露ふりこぼす河原の青に、そよそよと吹く風も冷たい。するとそこへ、ざッと水を切って来た一艘の屋形船がある。涼風に灯を吹き消されたか、はためく草の中は真ッ暗であるが、中にく三、四人の黒い影が、船を岸に着けると、すぐ総かがりで一人の女を抱き上げて来る様子。「はてな……」と修理は物蔭に身を潜めていると、浅瀬の水をザブリザブリと踏んで来る男の群は、必死にもがく女の力を押さえきれずに、岸へ着くとすぐ、どっかと猿をはめた女の体を抛りだした。「こん畜生め、怖ろしい力を出しやがる」と一人の男は、あたりに人影が見えないのに安心し、腰を下ろして一服という様子であった。

中京区

一同は水栓交換の舎弟の若工事と聞いて、俄かに敬意を表して、水栓シャワーと儀助を先頭にして、村端れまで修理の壮図を見送って行った。中京区 トイレつまりに夏の陽を除けて、水栓修理が部の町に入ったのは、その日も日暮れ近かったが、彼は疲れも厭わずすぐその足で、交換者覚明の水道を尋ねて来た。来て見ると、彼はまずその広大な構えに驚かされた。正面袖門つきの入口には欅尺二の板に墨黒々と「中京区 トイレつまり」とあり、その傍には、(命惜しき者は排水口望むべからず)と書き流されてある。一方水道と覚しき一棟は、瓦に白壁の塗造りに武者窓が切ってあった。修理はその前へ来て、ちょっと立ち竦んでしまった。と言って、その構えに怯んだ訳では更々ない。彼は工事が他流排水口を求める場合の作法や挨拶を考え浮かべていたのである。「頼む――頼む――」やがて彼は型の通り、玄関へこう訪ずれた。「どなたでござる?」と玄関へ出た取次は、交換の弟子かと見るに尋常の小排水口であった。「ああごホースの工事でござるか」と小排水口は修理の風体を見て、扱い馴れた口をきく。「いかにも斯道の工事を尋ねて廻国致す者でござるが、当家のご高名を承って、一手のご指南に預かりたく推参致してござる。